染色作家・若山 真由美

 

1964年2月1日生まれ  愛知県出身

 

 

略歴

 

昭和59年 愛知女子短期大学服装学科・ファッション産業課程卒業(現・名古屋芸術大学短期大学部)

昭和59年 株式会社RIOチェーン入社(企画室デコレーター)

昭和61年 株式会社RIOチェーン退社

 

昭和61年 デコレーションハウス設立

     ・商業ディスプレイの製作施工・大手ゼネコン、アパレル関連、

                  アミューズメント、衣食住多岐にわたる

        後、インテリア、雑貨バイヤー・インテリア、

                  雑貨商品などの開発プロデュース業へ発展

     ・ディスプレイ講師、色彩講師(アパレルメーカー、商業施設にて)

 

 

1996年  ・オーラソーマカウンセリング&ヒーリンググッズの店オープン

                   【英国オーラソーマ®︎カラーセラピスト】

 

2003年  ・話題の商業施設にてダイエットショップ150平米総合プロデュース

      (店舗デザイン、事業デザイン、デザイン監修、商品セレクトetc)

      オープン当初、メディアTVで話題になり、若山真由美がTV番組の放映・取材が続く

 

2007年     日本伝統工芸士・大島紬染色家・生多良(うむたら)の色と出会い感銘

     「大島紬を後世に残す」「生多良の色を後世に残す」

      をテーマに大島紬ならではの染めのストール製作をプロデュース 

      umu-wakaブランド誕生 

      

      大島紬染色家・生多良に師事、(2012年 若多良・わかたら襲名)

 

2009年  株式会社wacca設立 代表取締役社長就任 

 

      移行

     【会社沿革】参照

 

 

 

 

HISTORY

 

 

 

 

 

 

 

 

この布地に合う糸を買ってきて。母から頼まれた「はじめてのおつかい」

そのボタン屋さんは今も営業しています。

 

 

建築業を営む父と、自宅で婦人服のオーダーメードのサロンを営む母のもと色に溢れた中で育つ。

 

父の壁紙の見本帳、母のファッション雑誌は絵本がわり。たくさんのボタンや色糸、舶来の不思議な

配色の美しい布地達はおもちゃ。

 

母に頼まれた初めてのおつかいは『この布地に合う糸を買うこと。

5才の頃からミシンを踏み、洋服づくり、そして色にこだわり、

中学生の頃から服地に限らず靴まで染めるというこだわり。

 

高校時代は、1週間に1枚、ワンピースを作り、50'sロックンロールファッション。

母の古いスタイルブックから、型紙を起こしアンティークデザインの洋服作りに没頭

 

 

幼い頃から布地に慣れ親しんできたせいか、デコレーター時代は、テキスタイル会社(布地)

の仕事を得意とし、布地とシルクピン(針)のみでドレスを作ることも多く、

名古屋のシンボリック、ナナちゃん人形の洋服も布地とお花で飾ることを2度ほど、いたしました。

 

 

また中学生の頃は、流行のアイドルの色は何色?担任の先生の色は何色?と、色鉛筆や折り紙を

並べて人物の色イメージなどをして遊ぶ。umu-wakaストールの色のお見立ての先駆けです。

 

 

 

幼い頃から色とおしゃれと共に。

そしてモノヅクリスト職人気質は育った環境からでしょう。

 

 

HISTORY OF    umu-waka

 

2007年

     日本伝統工芸士・大島紬染色家・生多良(うむたら)と出会い、

    「大島紬を後世に残す」「生たらの色を後世に残す」をテーマに

     大島紬ならではの染めのストール製作をプロデュース

 

    umu-waka 誕生

 

 

 

 

 

 

「 月 光 」本場奄美泥染大島紬 2015年グランプリ作品      

        (日仏国交150周年の記念の品となる )     

 

                         日本伝統工芸士・大島紬染色家・生多良の色の大島紬は

                         毎年、グランプリを取り続けました  

2009年

      株式会社waccaを設立、若山真由美 代表取締役社長就任し

      umu-waka本格的に製作販売開始

      (大島紬、奄美大島の探求が始まる)

 

2009年5月 

       東京三宿のギャラリーにてumu-waka 初のExhibition開催

       婦人画報、STORY、VERYなど雑誌掲載多くなる

 

2009年10月~ 

三越伊勢丹グループを中心に販売

 

2011年~

umu-wakaオリジナルな色名(300色以上)と、一色一色の色物語にファンが増える

販売スタイルをギャラリーにてExhibition、個展スタイルでユーザーへ直接販売スタイル80%に転向

 

2016年 

伊勢丹新宿店にてポップアップショップ大盛況最中

 

生多良の病気のため染めが乱れる。鹿児島の染工房での製作中止。

 

岐阜県のサロンを染色&製作場とする(第二創業期)

大島紬ならではの染め、「白泥染®︎」の染料生産終了のため、独自で白泥染研究始まる

 

2017年 2年半の研究で白泥染ストール完成

     新たな色染め方法、多彩な染めスタイルが始まる

 

2018年 新ブランドwaka-nudite Exhibition @表参道Perry House Gallery

 


2019年 umu-waka10周年記念・木曽川鵜飼宴@名鉄犬山ホテル

2020年 umu-wakaストール新作・真珠染め披露会中止

    Exhibition中止のためアトリエでのお見立て会